無利息でお金借りる 初めてならば無利息サービスがおすすめ

お金借りる

お金を借りるときに気になるのが利息です。

 

利息というはお金を借りるときに借りている人が貸している人に対して、毎月ある一定の割合で払うのが利息です。この利息は金融機関にとっての利益になります。

 

よく金融機関のコマーシャルや広告で何%といったパーセントというものがありますが、それが金利を表す数字です。金利の計算方法は基本的に年率換算です。

 

元金に金利を掛けたものを365日で割り30を掛けることで求めることができます。
試しに計算をしてみましょう。

計算を簡単にするために借りる金額を10万円、月定額払い、実質年率18%の計算方法

10万円×0.18÷365×30=1479円(1ヶ月の利息)

毎月1か月に1万円を返済した場合10000円から1479円を引いた8521円が元金100000円に充当されます。
すると次の月は100000円引く8521円なので残金91479円となります。

無利息サービスは非常にお得なシステム!

お金借りる

以上のような計算方法でお金を借りた場合の利息は決められています。

 

つまり金融機関の無利息サービスというのは100000円のお金借りても利息がかからないので、借りる側からすると非常にお得なシステムなのです。

 

しかし、多くの金融機関が無利息サービスを取り入れているわけではありません。
実施している金融機関は限られています。

お金借りるならば金利無しがおすすめの理由

お金借りる

金融機関が行っている金利無しサービスですが、この無利息サービスというのは金融機関にとっては儲けとなる利息を借主から得ることができないので表面的には損をしてしまう形になります。

 

知らない人は無利息でお金を貸してあの金融機関は大丈夫なのか?と思われることもありますが、無利息サービスの本当の狙いは一時的な利息ではなく顧客獲得なのです。

 

この方法はよく使われる方法で他の業種でも見られます。例えば通信業界、とりわけ携帯電話各社が行っているスマホが1円や大幅な割引になります。

 

一見損をしているように見えてもトータルで顧客を獲得することで利益を継続的に積み上げることができるのです。

 

お客にしてみれば無料で携帯電話を使用することができるのでお得です。
携帯キャリア各社ではお客が利用して通話料を収めてくれる、また、一度でも契約すると他の携帯電話会社への変更はしません。
つまりこの方法はお客とサービスを提供している会社の両方が得をすることができるのです。

無利息サービスでお金借りる 契約方法

お金借りる

無利息でお金借りることができる金利無しの融資ですが、その方法は他の金融機関で行っている申し込みと同じです。

 

しかし、無利息サービスを利用するために各金融機関では条件を設定していることが多いです。
例えば、

  • 初めての利用のお客様限定
  • 限度額が設定されている

などありますので利用する際は調べてみることをお勧めします。

インターネット申し込みが便利!

早く融資を受けたい人や知人や他人の目が気になる人におすすめの方法があります。
それがパソコンやスマホなどインターネットを利用した方法です。

 

パソコンやスマホなどから申し込みから審査まで行うことができるので人の目につく心配が限りなく低くなります。
実際に融資を受ける段階では無人契約機などでカードを受け取る必要がありますが、それさえクリアできれば後はお金を借りるだけです。

 

実際にお金を借りる場合は、全国にあるコンビニエンスストアに設置されているATMから出金できます。
時間や場所に制限されることがないのがうれしいところです。

無利息サービスでお金借りる 賢い活用方法

お金借りる

無利息でお金を借りる場合に是非とも活用してほしいことがあります。

  • 初めてカードローンでお金借りる人
  • 急な出費でお金を借りたい人
  • 短期間でお金を借りたい人

などにおすすめです。

 

特に初めてカードローンの利用を考えている人にはおすすめです。
というのも金利無し、つまり無利息サービスのカードローンの多くは初めての利用の人を対象にしている場合が多いからです。

 

また無利息で利用する回数も、初回のみや日数が限定されている場合があります。
短期間で返せるときや一度の利用しか考えていない時にはおすすめです。

 

急な出費がある場合なども無利息サービスなどを利用してみることもひとつの手です。
その際に注意したいのが30日以内に返済できる目途があることです。

無利息サービスでお金借りる 注意するべきポイント

お金借りる

無利息でお金を借りる場合に注意したいのが総量規制です。
総量規制とは消費者金融に課せられている法律です。

 

これから借りようとしている人の金額+すでに借りている金額の合計が年収の3分の1を超えてはならないという決まりがあります。
もしも他に借り入れている場合がある場合はあらかじめ把握しておくことが必要です。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<