お金借りるための審査で通りやすい人・通りにくい人とは?

お金を借りるときに必ず受けるものが借り入れの時の審査です。
この審査には借り入れを申し込んできた人がどの程度の返済能力があるのかを見極めます。

 

お金を貸すことで利益を上げている金融機関は、元本が無くなるリスクを減らすために担保が必要です。

 

マイホームローンでは長期間にわたって数千万円ものお金を貸すことになるので購入する家を担保にします。

 

マイカーローンであれば車の所有権に融資する金融機関の名前が入ります。
そうすることで万が一支払いができなくなった場合に自由に処分できることでそのリスクを減らしているのです。

無担保カードローンは何を信用してくれるのか?

それではカードローンなどで個人向けのフリーローンによくある無担保ローンの場合はどうでしょうか?
無担保なので借りるときに担保を提出する必要がありません。

 

なので、貸す側の金融機関としてはリスクが高くなってしまいます。
そこで金利を高くすることである程度リスクヘッジをしているのです。

 

その他にも安心して貸せる人に貸すことで極力リスクを低くすることができます。
そこで審査の時に重要視するのが、

  • 個人の財務
  • 勤務先の状況
  • 家族構成

などを元に審査します。

お金借りる審査で見られるポイントについて

お金借りる

お金を借りるときに見られるポイントとして、どのような会社に勤めているのか?ということは結構重要視されるといわれています。

 

大きな理由としてお金を融資した後にどの程度安定して支払いを続けることができるのかを考えなければなりません。お金借りる審査で通りやすい人と通りにくい人を調べてみました。

お金借りる審査が通りやすい人とは
公務員

お金借りるときに審査に通りやすい人は公務員です。
なぜ公務員なのか?というと公務員にはリストラというものがありません。
また、つぶれる心配もないので貸す側としては安心してお金を融資することができるのです。

大手企業の社員

公務員の次にお金借りるときに融資が通りやすい人は大手企業の社員です。
大手企業の場合はよほどのことがない限り企業自体がなくなることはありません。
リストラなどのリスクはありますが大企業であることはそれだけ安定して収入があるという金融機関の判断なのです。

中小企業の会社員

次は中小企業の会社員です。
リストラや会社の倒産などのリスクはありますが、会社員という信用度は融資の対象としてはあります。

お金借りるための審査が通りにくい人の特徴とは?
学生・専業主婦

金融機関に審査を依頼して審査に通りにくい人は、学生や専業主婦などの収入が低い人です。
学生ローンやレディースローンなどはありますが、通りやすい人のように希望する限度額や金利が高いことなどがあります。
大きな理由として返済能力が低いので信用度がないことにあります。

アルバイト・パート・非正規雇用者

次に審査に通りにくい人はアルバイトやパート、非正規雇用者などです。
社員と違い金融機関にとってはその信用度は低くなりがちです。

自営業

最後に通りにくくてもある程度審査に通りやすいのが自営業の経営者です。
自営業者の審査では審査に通過したとしても借入額が低くなりがちです。
その理由として融資のお金の使用目的が事業用途になってしまうことがあるからです。
たとえ高収入であっても自営業者の場合は会社に多額の借金があることや不動産などに抵当権が設定されているために無資力に近いこともあるなどのリスクがあるためです。

お金借りるときに注意したい信用度の考え方とは?

お金借りる

お金を借りるときに注意したいことは、たとえ審査に通りやすい人でも財務状況が良くなければ希望する融資を受けることができないばかりか審査に通らない可能性もあるということです。

 

中小企業に勤務している人でもしっかりと支払いが良い人は、それだけ金融機関にとっての信用度は非常に高くなります。

 

また、金融機関にとってはよく利用してくれる人できちんと毎月しっかりと返済しての実績がある人は、それだけ信用度が高くなるので金利の優遇限度額の増額などといったこともあります。

 

つまり、信用度は金融機関がこの人ならば安心してお金を貸せるという基準です。
たとえ公務員や大企業に勤めていても過去に融資トラブルがあったりすると信用度は大きく落ちてしまいます。

お金を借りるときに審査が気になる場合は調べてみましょう

お金借りる

これから審査を検討している場合に審査に通るか通らないか不安になるものです。
そのような場合におすすめなのが今のご自分の財務状況を調べてみることをお勧めします。

 

個人の財務状況などを管理する個人信用情報機関というのがあります。
日本にある信用情報機関としては、

  • CIC
  • JICC
  • JBA

などがあります。これらの情報機関には個人でも自分自身の財務情報などを調べることができます。
もしも、不安な場合はこれらの情報機関で調べてみることをお勧めします。

 

おすすめ消費者金融ランキング

>>おすすめ消費者金融ランキングはこちらから<<